30代独身女の転職活動記(ハローワーク 窓口編)

いざ転職しようと決めたものの、前回の転職から早11年(第二新卒時)。

一体何をどうしたら良いのかわからない。

ヒントを得るため窓口に相談を申し込むも、ここでますます頭を悩ますこととなる。

 

そわそわしながら40分ほど待ち、自分の番号が呼ばれ席に着く。

窓口A:「今日はどうされましたか?」

私:「えーっと転職を考えているんですけど、すごく久しぶりなのと在職中なのとで、今後どのように転職活動を進めていけば良いのかご相談も兼ねてお話をお伺いしたくて」

窓口A:「なるほどなるほど。で・・・110さんは・・・え?何?今の会社、勤めて11年目?今更どうして辞めたいと思ったの?

私:「これこれこうで限界を感じてしまいまして・・・。(ここで既に涙目)」

窓口A:「そっかそっか。それは辛かったね。11年間よく耐えたよ。110さんは次どんなお仕事したいと思っているの?

 

そう、特に悩んだこの2つ。

 

  • 今更どうして辞めたいと思ったの?

ハローワークや転職エージェントには馬鹿正直に話しても問題はないけれど、企業との面接時にはどこまで、どんな風に言ったら良いんだ?

転職理由を聞かれるのはわかるけど、それに「今更」と言われたら??

(実際、転職活動をしていて必ずと言っていいほど聞かれた)

 

  • 次はどんな職種に就くの?

新卒当初、希望していた職種は特殊。ただでさえ狭き門なのに加え、世の中は就職氷河期。希望する職種に就けることもなく「高校、商業科だったからパソコンは一応使えるし、事務で良いか」藁にもすがる思いで行ったハローワークで事務に絞り、とにかく就職しなくちゃと焦りに焦って就職。

その後地元に帰ってきてから、希望職種を受けてみるもやっぱり内定はもらえない。「じゃあ、やっぱり事務か・・・。」とまたもやハローワークで今の会社を見つけ、何となく就職、現在に至る。

 

今の仕事にやりがいなんてない、新しく仕事を覚えるのが面倒だったから居ただけ。

 正直、事務職が向いているかと言ったらそうは思わない。

かと言って何かしたいことがあるわけじゃない。何が向いているのかもわからない。

 

なので、そう聞かれても・・・一応事務職?

 

その考えがとんでもなく甘く、厳しい道のりだと次の実際の転職活動と転職エージェントに思い知らされることとなるなど、この時はまだ知る由もなかった(続く)

30代独身女の転職活動記(ハローワーク ワークナビ編)

「転職するぞ!」

そう意気込んだ時に真っ先に思い浮かぶのがハローワーク

都会であれば(後に書くつもりではいるけれど)転職サイトや転職エージェントなど活用方法は様々だけど地方在住の場合そうはいかない。とにかくまずはハローワーク、私の場合は特にハローワークくらいしか選択肢がないんです。

 

 

実はこれまで何度かハローワークには行っていて、PCで求人検索もしたことがある。だがそれまでだった。

 

なぜか。

 

今の会社は求人票の条件だけみれば地方の中小企業の事務職にしてはまだマシな方で、自分が検索したタイミングではそれ以上が出てこなかったから。

 

例えば年間休日。

公には117日(土日祝休み、但し第5土曜日は出勤有)となってるけれど、蓋を開けてみればサービス残業・休日出勤の嵐、有給なんぞ滅多に取れないので年間休日は100日を切るんです。

それでも若かりし頃の私は最初の職場よりは日付が変わらないうちに帰れるだけマシだ、会社をどこかで信じていて、自分が頑張れはせめて給料くらいは上げてくれるんじゃないか、人が1人2人辞めた時はさすがに誰か雇ってくれるだろうと思っていた。大馬鹿だった。

 

随分長い間から目が覚めた、心身共に余裕が出てきたところで今回もまずはPCでの求人検索から。せっかく転職するのだから今の条件より良いところの方がいい。

とりあえず同じ職種(事務職)で正社員、現在の月給+10,000円、土日祝日休みで検索してみた。

 

やっぱりない。

 

ではとりあえず休みたい。土日祝休みは譲れないな、休み重視で検索してみた。

 

そもそもない。

 

そしてじゃあ事務職だけでどうよ?と検索した時にようやく気が付いた厳しい現実。

おっ!これは・・・!と思って開くと必ず出てくるこの単語。

 

1. 学歴問題

「大学、大学院卒以上」

高校スポーツ推薦入学、専門学校試験なし

学生時代、勉強をすることを怠った代償が今ここに。

 

2. 年齢問題

「30歳まで キャリア形成のため」

耐えに耐えに耐えてきてやっと!と思ったらこれ?

仕事にまで期限つけられたらこの先辛すぎるっす・・・。

 1番多いのが35歳かな。

これは範囲内だけどギリギリで後々ますます焦ることとなる。

 

上記2大問題以外の求人になると

月給も少なければ休みもボーナスも少ない

月給が今より少し高いがボーナスがない、休みも10日以上少なくなる

休みが3日ほど多いが給料が今より少なくボーナスも少ない

どれも嫌々とはいえ積み上げてきた11年のものを壊してまで働きたいと思える条件ではなく、うちってまだマシなのかもしれない、自分の学歴と能力を考えたら今の職場が妥当なのかも・・・とまた同じことを考え、打ちひしがれて帰りそうだった(実際外まで出た)が、なぜかわからないけど今このまま帰っちゃいけない気がして、来た道をスタスタと引き返す。

 

「在職中なのですが、転職の相談って受けてもらえるのでしょうか?」

 

あのものっっっっっっすごい話しかけにくい雰囲気の受付で初めて人に話しかけ、人間観察をしながらひとまず待つことにしたのでした(続く)

30代独身女の転職活動記(決意編)

・10年前と給料が全く変わらない

 

 ・評価されないが仕事は増えていく一方

 

 ・2人辞めても補充なし。5人でやっていた仕事を3人で回さなくてはいけなくなり仕事は更に増える。

 

  ・毎日終わらないので残業するも19時には帰れ帰れと促される。それでも残る場合はサービス残業。しかしそれでも仕事が溜まる一方なので止む無く休日出勤。

 

  ・出れば当番に「なんで出てきたの?俺今日1人で居たかったんだけど!」とキレられ、「事務職はいいよねー残業しても休日出勤してもその分きっちりつくしさ。」なんてネチネチ嫌味を言われる。(きっちりなんてつかねーよ、ボケ!)

 

 ・お局は気に入らない1人を辞めさせたことで更に我が物顔に。

辞めた人たちの仕事の分担をなぜかお局と所長の2人で勝手に決め、有無も言わさず振り分けられる。(お局引継ぎほとんどなし)

相変わらず気分によって答えが二転三転するし、機嫌が悪いと特定の人だけに当たり散らし、足音ドスドス、電話の受話器もコピー機も机の引き出しも伝票投げられる私もたまったもんじゃない。

 

その他にも取引先のおじさまに気に入られ関係を迫られる等もうね、結論から言うと全くと言っていいほど今の会社に義理立てする必要なんてなかった。

ようやく1人女の子が入ってきてくれたことで少し考える時間ができ、色々と思いを巡らせていたら急にこの先が猛烈に不安になったのです。

 

・そもそもこのまま不眠と吐き気と気持ち悪いメールと戦ってまで続ける必要ある?そこまでしてやらなきゃいけない仕事?

・今入ってきてくれた女の子(彼氏持ち・同棲中)が結婚、出産した時にはまた3人か・・・。

・今までせめて自分だけでもお局にNOと言える存在でいようと毅然とした態度で接してきたが、奴は全く変わらない。あと17年も一緒に働くの・・・?

 奴のことだから息子に彼女ができて後に結婚なんてことになったら、いくつになっても家庭の事情、ストレスをここに持ち込んで当たり散らすぞ絶対。

 

いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

考えただけで地獄。お先真っ暗でしかない。

 

新人ちゃんの教育担当になっている今

自然に引継ぎ作業ができている今

手伝ってもらっていることで時間に少し余裕が出来てきた今

 

今しかないやるっきゃない始めるなら今がいい!!!!!

 

と、いうわけで友人曰く何やら私、12年に1度の大殺界らしいですが、早速、まずはハローワークに行ってみることにしたのでした(続く)

勇気18%

V6のツアー日程発表されましたね!

どこへ行こう、行けそうなところに行ったつもりで想いを馳せ、にやにやするのも楽しみの一つ。

 

今回はいくつか候補がある中で特に行きたいのが名古屋。

理由はただ1つ。レゴランドに行きたくて仕方がないからだ。

 

女の子が好きなキャラクターには全く目もくれず、戦隊ヒーローに夢中だった幼少期。

仮面ライダーBLACKのシャツにゲゲゲの鬼太郎の歩くとピコピコ鳴るサンダルというスタイルがすごくお気に入りだったことを今でも鮮明に覚えている。

おままごとセットやリカちゃんも買ってもらってはいたけれど、ろくに遊ぶこともなく男の子とばかり遊んでいたので、あの子は本当に大丈夫なのかとよく心配されていたらしい。

折り紙については恥ずかしながら全くやってこなかったので、小学生の時の紙花作り、中学生の時の千羽鶴、友達とのノートの切れ端やメモ帳での手紙のやりとりにはには随分苦しめられた。シャツだったりハート型だったりみんな女子力高すぎよ。ただが5行くらいの手紙に力注ぎすぎだってば。

 

そんな男の子のような遊びしかしてこなかった私が、特に長い間好んで遊んでいたのがブロックとプラレール

 この2つなら今、この歳で目の前に出されても黙々と延々と遊んでいられる。「自分の子どもが出来たら遊ばせるから絶対に捨てないで欲しい」と若い時からずっと言っていたので、きっとまだどこかにあるはずなのだけど。

おもちゃ屋さんによくある、作って遊べるコーナーを見てはものすごく遊びたくなる衝動に駆られ、家の探そうかな…と思ったりしていたのだけど、最近そんなことをせずとも堂々と遊べる場所があることに気付いのです。それは

 

子ども(特に男の子)がいる友人の家にお邪魔すること。

 

しかも「私やったことないからわかんなくて今までパパに任せっきりだったからすごく助かる!」友人には感謝され、「お姉ちゃんすごいー!ここ何付けたらいい?新しい線路作ろうよ!」子どもたちからは必要とされ、尊敬される。

好きで遊ばせてもらっているのに「楽しかった、また遊びに来てね!」別れを惜しんで泣いてくれる子までいて、おばちゃんの方が嬉しくて寂しくて心で大泣きしてる。

 

とまぁ話は随分脱線してしまいましたが、レゴランド、内容見てても興奮材料しかないんですよ。だってパーク全体がレゴなんだよ?

車作ったり、ロボット動かしたり私すごいいい大人ですけどやりたいです…。

アジア最大級のレゴショップに好きなパーツを組み合わせてミニフィギュア作れるだなんて!!(これはお金を出して作るのだから大きな子どもが目を輝かせ鼻息荒くしていても問題ないだろう)

 

でも、冷静にならなくったって、どう考えたってお盆にアラサー独身女1人レゴランドなんてハードル高すぎよね。

自ら心ボッキボキに苦しめられにいくようなものだもの。ドMか。

白T探して三千里

お題「衣替え」

1年前、飲んだ帰り思いっ切り躓き未だ消えぬ傷

至る所にぶつけて歩いてできるアザ

 

日に日に身体の衰えを感じていますが、何よりも今1番気になるのが日に日に肥大しているお腹!腰回り!二の腕!ブヨブヨ、プルプル!!

 

10代の時は裏原系

バイトで貯めたありったけのお金を握りしめて夜行バスで東京へ行き、朝早くからお店に並んで買ったりしていた。

APEの青山店に行こうと思っていたのになぜか青山墓地に迷い込んだこともあったな…。

 

20代前半はzuccaやgommeなど一筋縄ではいかない服

なに?これどこでどうなってるの?と聞かれることしょっちゅう

 

20代後半〜は飽きのこない長く着られる服

着心地、素材だったりデザインだったりそこに少しのアクセントがあれば尚嬉しい

 

今はそんな服を好んで着てるので、割とシンプルな服を着ることが多いんですね。

春、秋、冬はまだ何とかなるんです。元々重ね着するのが大好きだし、それによって隠すこともできるので。だけど問題はこれから、夏なんですよ。

寒ければ着こめばいいけれど暑いとそれができない。出ちゃうんですよ、身体のラインがくっきりはっきりと!!!

夏に白いTシャツにジーンズ、スニーカーなんかで過ごそうと思ったら、このままでは鏡の前で何度溜息ついて虚しくなったらいいかわからない。

白色、しかもTシャツとなると特に消耗品だし、夏までに痩せるといっても今から始めてどのくらいのものになるかは未知数である。

ただがTシャツ、されどTシャツ。

1枚で着るにしても着ないにしても毎年絶対に必要なんだけど、上半身に問題があるばかりに毎年なかなか決められないのです。

 

ハンガーに吊るされてたら素敵だけど、着丈が短い…お腹!

これは裾にかけてキュっとしているから腰回りの肉が!

ストンと落ちているのでお腹目立たないけど袖が短い!二の腕が!

全体的に細めなんだよ、ばかやろう!!!

 

嗚呼、上半身に問題があるばっかりに!!!(あえて2回言おう)

 

文句と溜息、自分の情けなさに嫌気がさし何度も挫けそうになりましたが、ようやく今日、1枚で着ても体型もそこそこカバーできそうな白Tシャツをゲットしました。

とりあえず今年の夏は安泰だ、ひやっほう!

 

 

f:id:ta-mexx:20170513011110j:image

 

そうやって、痩せられなかった場合も想定して保険をかけて長い間かけて服を探すくらいなら、そう思った段階から身体そのものを、痩せる努力をすればいいのでは?とこのブログを書きながら思ったのは秘密にしておきます。

手作りうちわの効果

コンサート会場などに行くとついつい行き交う人に目がいってしまう。着席してもそう。

 

私はコンサートに行く時はオフィシャルうちわ派(派というか超が付くほど不器用なので現地調達するしかない)なので、それはもう会場での色とりどりの個性豊かな手作りうちわを見るのが楽しみで仕方ないわけです、羨望の眼差しで見るのです。

 

皆さんが手にしているその手作りうちわ、じっと見ちゃってますよ、気持ち悪くてすみません。

 

一昔前まではそんなに手作りうちわの重要性を感じていなかったのですが、忘れもしない初めてのアリーナ席、バックスタンド最前列で入った際、一緒に行った友人が「自分の分を作ったら材料が余っちゃったから、井ノ原の井なら簡単だしね笑」と私の分も作ってくれたのです。

テンションはいつもと変わらず(近くても遠くても気持ち悪い)変わったことと言えば、初めての手作りうちわが嬉しくてブンブン振っていたこと。

そしたらなんと最初にして最後のファンサービス、あのファンサービスが雑で有名な井ノ原さんから指差して手を振ってもらうという奇跡が2度も起きたのです。

 

すっげー!うちわ効果すげー!

 

友人と2人で大喜びしその足で竹下通りでプリクラ撮ったな、懐かしや…。

 自分でこだわり抜いて作ったものに反応が返ってくる、そりゃあやりがいあるし、みんな作りますがな。

 

あるのかないのか知らないけれど、「あなたの手作りうちわ見せて下さい」ってお題があったら片っ端から読み漁って☆つけてそう。だって皆さん本当にすごいんだもの。

その器用さとマメさ、少し分けてください。

密かな計画

「あー素敵だなぁ。1人暮らししてたら買うのにな」

 

雑貨を見るのが好きだが、必ずついて回るこの言葉。

何度もしようと思ったことはあるよ、脳内シュミレーションもしたよ。

なのになぜしないのか。

 

1.昔のトラウマ

 

東京で学生時代2年、社会人時代2年、計4年の1人暮らし経験あり。

 

就職氷河期真っ只中、しかも自分が希望している職種は超特殊、学校内でも一握り。

「学校は休まずまじめに行ってましたーえへへ」だけでは就職できるはずもなく、ハローワークに通いつめ、卒業して1週間後に何とか就職。

「明日からすぐに来て下さい」今思えばその言葉がすでにブラック臭プンプンだったのだが、採用試験にことごとく落ち、自信もすっかり失くしていたので藁にもすがる思いで二つ返事で翌日から通うことにした。(しかもこの時、自宅から歩いて通えるし交通費いらないラッキー!とさえ思っていた)

通ってみたら地獄、本当に地獄。

PCを触れる人がほとんどおらず、この時代にワープロで文章作成を依頼される。

会計処理も全て手書きの出納帳で管理していて、先輩が1人居たのだが他の仕事に手いっぱいで毎回会計処理が後回し、しかも彼女は遅刻常習犯のためさらに時間が削られる。

そのため嫌でも手伝わなくてはならず毎日残業、土日祝日休みほぼなして働く。

休み返上で働かされる訳だから当然残業・休日出勤代は出ると思いきや・・・出ない。

しかもこの時代に(2回目)給料は現金支給(しかも東京のくせにありえないくらい安い)、給料日が家賃支払日だったのでその日のうちに給料は半分消え、水道光熱費、携帯代なんて払ったら手元に1万円残るか残らないかくらい。

 

自分でもよく2年間耐えたと思うよ。

 

2.単に今の給料も安いから

 

総合したら東京時代よりは多くもらっているが、残業代がないとほぼ変わらずかなり厳しい。

貯金も保険も個人年金も必要だし、もうギリギリで生きていたくない。

 

 

3.職場が実家から車で2分、歩いたら15分

 

今の仕事をいつまでも続ける気もないが笑、もしかしたらこれが一番のネックかもしれない。冬の雪の問題とかもあるし。

 

 他にもそうこう考えているうちに結婚してるはずだったとか細かい理由は多々あるけれど大きくまとまるとこんな感じ。

今まではこの辺で考えるのを止めにしていたのだが、最近、かかるであろう費用と毎月の支出額について真面目に算出してみた。 GW暇の極みだったしね。

結論的には今はまだ無理だということに変わりはないけれど、頑張れば、かなり頑張る必要があるけどできる気がする。

 

だから早速

 f:id:ta-mexx:20170507171603j:image

 

今朝、蚤の市で買いました。

今持ってても邪魔にならず、1人暮らしの際も必要な好きなもの。

多分無駄遣いじゃない、未来への投資、投資よ!(物は言いようだね)